読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデンティティを模索している

自分の知識を整理して発展させられたらいいなぁという願望の元スタート。学ぶことで私のアイデンティティは確立されるのか。くだらないこともうだうだと。

「夢を見た」

夢をみた。

真っ暗な闇から、山が生まれた。

高い、高い山が生まれた。

 

夢をみた。

尼が降って、山は溺れてた。

高い、高い山は溺れた。

 

夢をみた。

雨がやんで、水が引いて、山は息を吹き返した。

山の頂上には太陽が浮かんでいる。闇が浮かんでいる。

どうやら水の中でいろんなものがごちゃ混ぜになったようだ。

 

夢をみた。

山がうごめいた。蠢いた。ざわり、ざわりと体の中をはいずるものがある。

山の肌を打ち破き、芽が出た。

 

若い、芽。

 

夢をみた。

若い葉は、背伸びをした。

上へ上へとまっすぐに。

そこ神様が現れた。

 

夢から覚めた。

 

ゆめをみた。

神様は親指と人差し指で、若い葉を摘み、ほんの少しだけ力を込めて、

 

ぷつり、引きちぎった。

 

 

 

 

 

神様は言った。

「有害になるものは、早いうちから芽を摘まないと」

 

夢から、醒めなかった。

夢も見なかった。