大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学生活35日目

2018.5.26.

 

毎日が新鮮で何か起こるなら、書くことには困らないが、必ずしもそうではないのは知っている。そしてまさに今日は特に書くことがなさ過ぎて、ただの日記になっている。

 

楽しい週末が始まるはずだったが、腹痛で目を覚ます。

月のものが始まる。

生理痛がひどい。

 

薬を飲もうと動くだけでもつらくて、シャワーを浴びた後髪も乾かさずに倒れこむ。倒れていても生理痛はなかなか改善しないのも知っているので、痛みをこらえて薬を飲み干しベッドイン。

 

心配した同居人台湾人Mが生理痛はつらいね…と腰をマッサージしてくれたり、おかゆを作ってくれたりした。(朝食食べずに薬を飲むって何してるの!とも怒られた。気力が持たなかったし、胃薬も飲んだから大丈夫かな…と思ったんですごめんなさい)

タオルをお湯で濡らしてお腹の上においてゆっくり休んで!と言われてそのまま夢の中へ。

 

ハッと目が覚めて家族とLINEして、オタ恋がアニメ化しているとは知らず、youtubeでさらっと見て帰国したらお姉ちゃんから本を借りよう…と心に決めて瞼を閉じた。

 

先日作ったカレーライスは後一食分。常温で放置しても多分大丈夫…とも言い切れず、冷蔵庫にしまう。夕食は赤飯のレトルトとみそ汁。そして薬。

 

その後、今日もハリーポッターを少しずつ読み進めている。

of numer 4, Privet Driveってなんだろう…Mr.Dursleyはドリルを作っている人なのに、ドライバーなのか?と混乱したり。(彼の住所だった)

クレーン車ってあるけど、あれの由来が鶴だということも知っている。だけどcraneが動詞になるとは知らず、混乱する。首を伸ばして近所のゴシップを収集するMrs.Dursleyは確かに首が長かった。

まだ3ページしか読んでいないが、わからない単語は50個近くあった。それをいちいちquizletに説明文とともにアップする。

弟に本を送ったとき、事前にこれで勉強できるようにすれば、単語の勉強にもなるし、長文を読む練習にもある。長女が1巻は持っているみたいだから、進めてみたら始めてくれるだろうか…テスト前を理由に断られるのは目に見えているな。

 

いくつか意味が分からない文章があったが、おそらくこの3ページ分に書かれているのはハリーが生まれた直後のことだろう…賢者の石をDVDで見た記憶はあるけれど、正直内容はほとんど覚えていない。

ハリーの義理の両親が毒親だったくらい…?なんかめっちゃ太っていたような。

 

昨日週末したことを書くという宿題が出たが、今日のことは書けないな…明日はもしかしたら新しいルームメートと会えるかもしれないし、買い物にも行かなくちゃいけない。

 

就寝。

 

追記:台湾人Jがラザニア(イタリア)を作ったり、韓国料理、台湾料理スペイン料理と着々と料理のレパートリーを増やしている。彼が6月の頭でロンドンにうつるので、彼の料理を残りわずかな日々しっかり味わおうと思う。