大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録69日目

2018.6.29.

金曜日、前日パブナイトがあったせいなのかは不明だが、出席者は私を含めて3人しかいなかった。私はこの少人数制のほうが好きだけどね!2Hにタイ人Mが遅れてやってきた。今朝は体調不良だったらしい。

 

☆本日の授業内容

少人数だったにもかかわらず、授業は無情にも進むわけで、来月わたしは1.5日さぼる予定であり、こんなに進められたら泣くわ、確実に。

 

わたしがいまだに明確に把握したとは言い切れない動名詞とto不定詞の使い分けである。

動名詞のことはgerundというんだけど、verbal nounともいうと思っていた。でもそれは日本語のみらしい。でも担任Mはgerundよりverbal nounのほうがわかりやすいよねーと言っていた。

 

とにかく、動名詞不定詞の使い分けは未だに明確ではないので、間違えながらもまとめることに努めたい。

 

1. I don`t mind not earning a very large salary.

not to earnと答えたが、不正解だった。特定の語彙の後には動名詞不定詞を使い分けれるフレーズがある。don`t mind とかhate, keep, like,enjoyとかいろいろあるけどね。

担任Mには暗記よ!と言われた。ハイ。

 

2.I`m good at making quick decisions.

前置詞の後は名詞が来なければいけないので、動名詞が来る。これは簡単。

 

3.Taking risks doesn`t worry me.

主語の一部になるときは動名詞が普通。でもTo DO listとかいうよね?と聞いたら、あれはちょっとおかしな’形容詞’に含まれるらしい。

 

4.I`m happy working by myself.

to workと答えたのだが、これに対しては明確な答えを言えない。

久々に家に訪れたイタリア人Mの解説によると動名詞はアクションし続けている動作を示し、不定詞はそうではない、とか…(自分で調べた結果未来のことを表記するときにいうらしい?)

 

間違えたのがほとんど動名詞なので、不定詞はニュアンスで分かる反面、すべて不定詞にしてしまいがちな私の弱点が分かった気がする。

 

動名詞を使う時は

⑴前置詞かphrasal verbs(おそらくgive upとか)の後。

⑵主語のセンテンスを書くとき

※ネガティブ表記をするとき:not V-ing

 

to不定詞を使う時は

⑴形容詞の後

⑵理由や目的を記載するとき

※ネガティブ表記をするとき:not to V

 

以下間違えやすそうなものを記載。

 

5.Applying for a job can be complicated.

主語の一部なので、動名詞

 

6.The manager asked me not to say anything about the redundancies.

ask,tell,want, would likeなどの後はが来て、to不定が来る。

決まりの形なので、よく覚えておく。てかこの形はよく使っているので間違えはしなかったが。

 

7.Be careful not to ask her about her boyfriend  - they`ve slipt up.

carefulは形容詞なので、後ろに来るのはto不定詞。

 

8.The best thing about weekend is not going to work.

これはS=Cの形になる。SとCは入れ替えることが可能なので、動名詞がくる。

 

9.Layla gave up modelling when she had a baby.

phrasal verbの後なので動名詞

 

10 . I went to training course to learn about the new software.

to不定詞節が目的/理由を示している。

 

11.My parents are planning to retire bofore they are 65.

ーingの後ろに動名詞を置くのは、できるかもしれないけど普通はしないとのこと。

 

12.Rob spent three hours commuting to work and back everything.

spend time+v-ingの形の動名詞

 

13.Did you remember to lock the door?

これは特に注意したい。rememberの後は動名詞不定詞も来ることができるが、ニュアンスが大きく異なるそう。tryも異なる。

remember to do ~することを忘れるな

remember doing ~覚えている

try to do ~することを努力する

try doing ~してみる

 

というニュアンス。だから13は鍵を閉め忘れていなかった?となる?のかな?

Do you remember locking the door?

は鍵を閉めたか覚えてる?みたいな感じかな?

 

驚愕したのだが、今日で担任Mの任期が終わるそうだ。めっちゃ悲しい。メールアドレスを教えてもらった。

 

ほうれん草を二袋、バナナを購入して帰宅。

途中、Pre-intermediateの担任Sにあって、天気がとてもいいのでWhistableに行くことを勧められる。

週末絶対行きます。

 

帰宅して、Mに頼んでハリーポッターを見る。小説は途中までしか読んでいないけど、ところどころ違って、その違いを探すのが楽しいし、小学校のころ見たきり、理解できていなかった設定などを理解できてともて楽しかった。

名前と顔が一致してきたし、小説を読むのをもっと頑張ろうと思う。