大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録71日目

2018.7.1.

今日から七月、日曜日。今日は体調も悪くなく。洗濯機を使用できる日なのでシーツと枕カバー込みで、突っ込む。扉が閉まらなくなりそうで怖い。

 

朝食にはトマトと人参のポタージュ(冷凍)を処理。ボウルにお湯を入れてあるある程度溶かしたら、鍋に移してしっかり火を通し、混ぜる。美味しかった。

昼食にブロッコリーのポタージュを食べたのだが、手抜きをして電子レンジに突っ込んだ。なんか…微妙…?きちんと鍋で一度温めようと思う、次から。

 

そんなこんなしているうちに、今日は新しい生徒がやってきた。年齢、名前は名乗られず、すぐさまどこかへ行ってしまったので、詳細も知らず、家の説明もできていないのだが…ブラジル人らしい。英語は割ときれいだったので、upperか、advanceだと踏んだ。

 

昼過ぎからはWhitstableに向かう。天気は良好だったので、ノースリーブのワンピースを着て、日焼け止めを塗りたくり、お風呂用のサンダルを履いて出かけた。

サンダルは…歩きにくい!poundlandで買ったものなので大したクオリティを期待していたわけではないが、外出用ではないな…。

 

CanterburyからWhitstableまではTriangleというバスが出ているので、大体40分程度で到着する。…ただ、今日は降りる場所を間違えてしまって、1キロ余分に、(しかもサンダルで、坂道!)歩く羽目に…(´・ω・`)

f:id:identitygroping:20180702061020j:image

Whitstableは街並みがとてもきれいだった。特に何かを買ったわけではないが、カンタベリーとはまた違った雰囲気で、お祭りとかあったらすごく華やかそうだなぁと思った。

海に近いのもあると思うのだが、建物の印象は蒼。妙に不動産っぽいお店と、絵画を売っているお店がたくさんあった。

 

ぽてぽて歩いてビーチに到着。すぐそばにはトイレと酒場があって露出の多い人たちであふれかえっていた。私は足だけ海につけて海の香りを満喫していた。

波はぎりぎり来ないところに座っていたのだけれど、大きな波が来て、私の半身はびしょぬれですよ。暑い日ではあったけれど、風が強く身体はよく冷えたと思う。子どもたちが水におびえたり、海に飛び込んでいるのを横目に、道の端に寝っ転がって日光浴。一応洋服を乾かす意図があったけれど、あまり乾かなかったなぁ。

f:id:identitygroping:20180702061052j:image

 

長時間いたわけではないが、ちょっと贅沢した気分。帰りはきちんと最寄りのバス停からカンタベリーにまで行けた。

帰宅するとと台湾人Cはまだいて、今晩も泊まるの?と聞くと無事に家を見つけられたらしい。私も来年の3/9にここを出るけれど、ビザの有効期限まで1週間くらい余裕がある。おそらくどこかに滞在することになると思うけど…Cみたいならないように気を付けよう。

 

Whitstableではフィッシュアンドチップスの香りがどこからともなく流れてくるから夕食は脂っこいものが…ベリー系のスムージーとチキンナゲットをペロッと完食。

 

のどが妙に乾いていたので、日本から送ってもらったルイボスティーを解禁してしまった。うまい。宿題はないので今日はここまで。

 

追記

TO DO LISTはたまに作るけど、結局作るだけで終わってしまったり、半分しかできなかったりして一日が終わることが多い。DONE LISTを作るといいらしい。

どちらも具体的に記載することが重要、らしい。