大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録86日目

2018.7.16.

 

今日も暑い日が続く。なんでもオゾンがちょうどイギリスの真上で現在北上中云々と担任Pが行っていた。

 

本日はWritingのテスト。

それからTextが新しくなった。どうしてテキストの一番初めって必ず挨拶とかから始まるのかな…

 

午後の授業はスタッフさんにお願いして変えてもらったのだが、自分でも変更できるということを初めて知った。ちなみにその時、どうして金曜日に来ないの!と言われた。はい、すいません…

Grammerのクラスに変えてもらったのだが、今日のテーマは前置詞だった。

まったく、さっぱりわからない。

viaなんて前置詞初めて知ったわ。

イメージがしにくくて困る。自習でPEGのサイトを進められたので、ぼちぼち進めるしかあるまい。

 

☆前置詞の自習

●時間の前置詞at/ in / on

 

解説を読んだところ、限定的な印象を受けるのがat

時間、ホリデーを示すとき、それから週末、夜など。

at 8 pm, at midnight, at 6:30

at Chrismas, at Easter

at night  at midnight

at weekend

at lunchtime, at dinnertime, at breakfast time

 

onはDayに関連するもの。

曜日や誕生日。それからクリスマス。atで示すクリスマスは特定の期間に対して、onは

24日!みたいな感じ。こちらのクリスマスは2週間くらいあるもんねぇ。

on Monday

on my birthday

on Chrismas Day

on Tuesday morning

on the 20th of June.

こう考えると、atよりもonのほうが対象時間は短いんだんぁ。

 

inは大きなまとまりの時間を指すことの方が多いよね。

1990年とか、12月とか19世紀とか季節とか…

in 1996

in December

in the sities, in the 1790s

in the 19th century

in winter

in the morning/ in the afternoon/ in the evening

一番最後はなぜかinを使うのよね。夜はatなのに。でもat the morningとは言わないのよね。

 

最後に、前置詞がいらないのにつけてしまうときのことを紹介。

next week, year, month

last night, year,

this morning, month

every day, night, year

today, tomorrow, yesterday

 

exerciseもできるので、その間違い↓

1.Lucy is arrving on Febuary the 13 th at eight o`clock in the morning.

月だけだったらinで行けたけど月日の場合はon

 

2.We went out for dinner last Wednesday.

lastがついているので、曜日でもon入らない。

 

3.Lucy went to NY at NY.

新年だから限定的な日だと思ってonにしたのだけれど、1月1日などNew Year Dayならおそらくon,この問題の場合、クリスマスと同じように期間と考えてatになる。のだと思う。

 

4.We`re meeting at lunchtime next Tuesday.

2.と同じでnextがついているので、前置詞は不要。

 

5.There was a loud noise which woke us up at midnight.

夜がつくものはすべてatと覚えるほかなさそうだ。

 

6.Do you usually eat chocolate eggs at Easter?

Easterは特定の日なのでat、時間を空けるとすぐ忘れるなぁ…

 

7.My father always reads the paper at the breakfast time.

自分はatが弱いらしい…

 

 

…前置詞の道のりが長すぎる。つぎの前置詞は人や場所をしめすon / in

 

 

お母さんたちが札幌の近代美術館で葛飾北斎などの絵を見てきたらしい。いいなぁ。北斎の絵は幾何学的で私も大好き。以前大阪で展示されていた時、論文期と重なっていけなかったんだよ。家族で出かけるのなんてずいぶんしていないからうらやましい。

 

わたしの次なる旅行計画はフランスである。パリである。

とりあえずモンサンミッシェルノートルダム・ド・パリに行きたい。

日本人Mさんに一週間のホリデーin Frenchの情報をもらい、本日バスを予約。

往復で£47でした。7000円より安いかな。時間はかかるけれど穏やかなたびになりそう。何より搭乗時間とかを気にしなくていいのがいいし、ロンドンまで行かなくてもいいのが素晴らしい。

8/29の23時ごろのバスに乗り、ドバーまで行き、フェリーに乗り換え。パリには翌日の7時に到着する予定。

帰国?するのは9/1の土曜日で、19時ごろのバスに乗り、9/2の午前2時ごろに到着。ベルリン旅行のように無茶をする気は…ない!ホテルはフランス人Cとほかの人に相談してからかな。

 

それにしても8月に旅行3本とは詰め込んだと自分でも思う。しかし時間は少ない。自分の足であちこち行って、おじいちゃんたちにたくさん話したいと思う。一番熱心に話を聞いてくれる気がする。

イタリア旅行は明日…!イタリア人Sよ、テスト頑張ってくれ。

 

追記

Tescoで働く25歳の女性Jと自己紹介し合って、仲が深まった。

I had a new friendではなく、I got a new friendが正解でした。

スーパーマーケットでは緊張しないけど、洋服屋さんで緊張してしまうのをどうにかしたい。日本でも緊張するからなぁ。