大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録92日目 ドイツ旅行④

2018.7.22.

 

本日最終日、3時くらいには空港に到着していたいと私の希望により、10時ごろにチェックアウトをして近所のパン屋さんで朝食をとる。

 

ホテルから5分程度のところにあるTechnik museumに入る。

そうそう、わたしのカードは£しか入っていないから使えないと思っていたのだが、€を£に換算した形で引かれることになるらしい。今は£が高いから、別のカードでもいいと思うといわれた。次回からね。

 

それにしてもこの博物館、おじいちゃん好きそうだなぁ。鉄道やカメラ、薬、映画などの歴史を現物を展示して順に追って行っている。戦前のものも数多く保存されていた。

 

鉄道は一等席と三等席の差が歴然としていたし、だんだんホグワーツ号に近づいて行ってない?とAと言い合っていた。

カメラの歴史をたどるのは面白かった。こんなに大きなカメラが、今じゃカメラじゃない小さい機械に付随し、気軽に取れるようになったのだから。戦争によって多くのものが発達したんだね、と話していた。

最後のコーナーは飛行機や船を展示していたのだけれど、結論としては大航海時代に生まれていたら生きていけなかっただろうということ、あと何故か進撃の巨人の話をしていた。サシャ…いつの間に…

 

f:id:identitygroping:20180724021449j:image
f:id:identitygroping:20180724021438j:image
f:id:identitygroping:20180724021505j:image
f:id:identitygroping:20180724021457j:image
f:id:identitygroping:20180724021427j:image
f:id:identitygroping:20180724021514j:image

 

博物館で体力の7割を削られた後、最後の食べ納めとして再びcurry wurstを食べに行った。マヨネーズは日本のものに比べてさっぱりしていたし、すっぱすぎなくておいしかった。

f:id:identitygroping:20180724022416j:image

なかなか満腹…と言いながらもアイスも食べてしまうのが若さである。

Himbeerのあるお店でよかった!黒いレモンアイスがあって、気になってチョイスしてみたけれど、普通においしかった。口の周りは真っ黒になったが。

f:id:identitygroping:20180724022354j:image

f:id:identitygroping:20180724022407j:image

 

Aに空港まで送ってもらうと、あまり人がいないRyanairのカウンターに行って、行きの飛行機で必要だといわれたドキュメントに尋ねると、普通に発行してくれた。いやでも行きの時にこれを発行してもらうのは難しかったんじゃないかな…。人が大勢いて入り込めなさそうだった。

液体物に行きで引っかかったので十分に注意していた。問題なかった。しかしながらドキュメントをまとめていた金属片で反応。もー(●`з´●)

 

帰りは驚くほどスムーズだった。どうして行きでこうならなかったのか…!

Stanstedでlanding cardの記入を忘れるわ、質問を何度も聞き返すわと担当してくださった方、大変ご迷惑をかけました。笑顔で気にするな!と言ってくれてありがとうございます。次からはlanding cardは忘れないぞ…!

 

入国審査もクリアしたら残りはバス!

19:30に到着して、予定のバスは20:50…時間に余裕があるのはうれしいけど、一時間以上も待ちたくなかったなぁ。もう少し早いバスがあれば、もっと早く帰宅できただろうに…。

といっても予約してしまったものは仕方がない。空港のカフェでのんびり夕食を食べる。周りから聞こえてくる言語は英語ばかり。英語を聞いて安心する日が来るとはなぁ…。facking連発している人のなんと多いことか…

 

空港からヴィクトリアまでは2時間くらいかかるはずだったのに、今日に限って一時間くらいでついてしまった。なぜ…?

カンタベリー行のバスは23:30、一時間半以上も待つことになった。つらたん。

 

最終的にこの時間を選んだのは私だが、少し後悔もしていた。明日はもちろん学校があるし、テストもある。疲れたなぁと足を引きずって帰路についていた。

 

ふと空を見上げるときれいな夏の大三角形カシオペア座、北斗七星におそらく火星が見えた。京都で星を見ることはほとんどなかったし、天体観測は小学校がおそらく最後。すごくきれいな星空を見れて、この時間にしてよかったなぁと思いなおせた。

 

まずは朝、起きられるところが問題だが…就寝。

 

今回の旅を通じての反省点は、遊ぶ時は遊ぶってことで、学校ははじめから休むこと。

チェックイン時間の5時間前には現地に到着すること、無理のない時間で旅を切り上げ、次の日への休養をしっかり確保すること。


既にダブリン、エディンバラの飛行機の時間は夜中ギリギリなのは変えられない。だけど、直前でバタバタする可能性があるなら前もって連絡、メールをしておくこと。

航空会社はライアンエアー、飛行機は元々遅い時間に到着するのだが、遅れる可能性が高い。チェックイン時間内に到着することが難しいと思われること。チェックイン時間が12時までなのは知っているが、深夜にチェックインを許していただけないか、という感じかな?

 

追記

ドイツでは日焼け止めとフェイスクリームを使い切った!