大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録109日目

2018.8.8.

 

昨日は22時半くらいに寝たおかげか、6時半くらいに目を覚ました。ベッドでのんびりしていたので結局登校時間はいつもと変わらなかったけれど。

今日はお味噌汁とおにぎり(梅)を持参した。

眼鏡の注文票を持参し忘れ、royal mailの不在届を持参した。

 

今週の担任Mはどちらかというとはきはきとした先生であるが、わたしは少人数制の穏やかな先生がいいな…

授業のやり方は参考になるけれど。

Grammerから入るのではなく、単語から入る。

それに関連する単語を自分で調べさせる。一通り学んだ単語をグループでout putさせたら、それを使って、今度はそれを説明させるゲームをする。

 

次にそれらの単語が使われたリスニングをする。全文を聞き取る練習もするし、後半はブランクのある用紙にそれを書きとっていく。

ブランクから今回の文法の中心へと導いていくんだが、普段の勉強方法はいつもgrammarからだったから、今回のやり方はとても参考になった。

 

☆本日の授業

今回の文法は比較級と最上級である。割と苦手分野の一つ。

comparativesuperlativeと英語では言う。

 

good→ better / best

bad→ worse / worst

more→ less

most→ least

far→ farther / farthest

 

という不規則変化の形容詞をまずは押さえておく。

音節syllableが二つ以下のものは-er/ -estが語尾につき、三つ以上のものはmore/ mostがついて変化はしない。

 

比較級は割と簡単かな。

He is taller than me.

far / much / a lot / a little / a bit /などを形容詞の前に付け加えると表現の幅が広がる。

Canada is far bigger than Scotland.

The exercise is a litlle more dificult than that exercise. 

 

less ~ thanという表現を使うと否定の意味と~ほどという意味が込められる。ちょっと遠回しな否定形、という感じ。この時に使用する形容詞は変化しないので注意!

Scotland is less big than France.

スコットランドはフランスほど大きくない。

 

Lucy is less tall than Luck.

ルーシーはラックほど大きくない。

 

My book is less intersting than your book.

わたしの本はあなたの本ほど面白くない。

 

 

ますます~という表現をしたいときはgetting comparative and comparative~という表現を使う。

My child is getting taller and taller.

わたしの子はますます大きくなっている。

 

The climate is getting hotter and hotter.

気候はますます暑くなっている。

 

The city is becoming more and more crowed.

都市はますます人でにぎわっている。

 

あまり違いが判らなかったので調べてみたが、getを使う時は短い変化、becomeを使う時は長い変化、turnを使う時は全く別物になる変化、で使い分けるようだ。

子どもや天気の変化は急速に変わるのに対して、都市がにぎわい始めるのは徐々に、って感じってことかな。

 

比較級とかの後ろって代名詞の場合、主格と目的格どっちでもいいよ~と言われることが多いけれど、何が省略されているかで使い分ける、と覚えた方が論理的だし納得しやすそう、だと思う。

He is taller than I (am tall)

He loves her as much as (he loves) me.

→省略されているものがわかるので目的格か、主格かと分かりやすい。

 

He is taller than her.

→ノリで書いてしまいがちだが、sheが正解になる。

 

最上級は正直苦手。

theがつくやつ、つかないやつとか、最上級の日本語訳が苦手。

 

She`s the most beautifu girl I`ve ever seen.

It‘s the best cafe in London.

John and Lisa are the most intelligent students here.

This bowl is the biggest one.

 

最上級は人やモノのグループの中の一番を言う時に使う。特定し、すでにわたしたちが知っている、という前提で使われるので、最上級の形容詞のまえでは上記のようにtheが使われる。

theがつかない最上級は所有格possessiveが使われるときである。

 

He`s my best student.

That`s our most imortant goal.

 

始めに最上級が使われると、のちの文章ではtheが落とされることがある。意味は変わらないので問題はない。

theが省略できるとはいえ、最上級の形容詞の後ろに直接名詞が来ることは無理。

he is fastest swimmer.という表現はできない。theがいる。

 

比較した時に別の言い回し、同格などもあるよね!

My sister is as tall as me.

as~asのウチの形容詞は変化しない。

 

She looks different from me.

My taste im music is similar to hers.

 

PEGで練習問題をやってみた。

以下間違えた問題↓

1. My Latin class is more boring.

boringerとはしないように。

 

2. Julie is quiter than her sister.

more quiteにしてしまった。

 

3. The dress was cheapest.

このドレス!て初めに述べているからtheおそらく省略。

 

4. Which language do you think is easiest to learn?

どの言語、という特定がまだされていないのでおそらくtheがない。

 

5. The film is shortest.

3.と同じかな?

 

6. That suitcase is lightset.

上に同じ

 

7. Out of all the cities in Europe, London is biggest.

固有名詞だから…?

 

8. Amanda`s happiest when she`s on holiday.

・・・固有・・・名詞だから・・・?

 

9. The juice is most delicious if you chill it for a long time first.

3.と同じ…はず・・・

 

10. The British Library is best in the morning.  It`s too crowed in the afternoon.

固有名詞だから…?朝が最高だよ、昼はめっちゃ混んでるもん!てことだよね。

 

11. John is clamest when he is working,

Johnが固有名詞で、という今までの説明で納得はできるが…下の問題が…

 

 

12. Of all the people in our office, Adrian is the calmest.

なんでtheが固有名詞に・・・ここでいることになるの?ほんとやめて…

この集団の中での、という強調の意味があるのだろうか。

 

13. Lucy wakes up the earliest in her family.

 

※12,13の説明できないから誰か助けて

 

 

 

追記

次女が解説してくれたが、同一(人)物の中の出来事を比較する時はtheはいらないけど、他社と比較しているならtheがいるんだって。なんかわかった気がする。

ありがとう。固有名詞だからではないのね・・・(´>///<`)

 

授業の後半戦はスピーキングだったけれど、バブルのこととかが話に上がったので、日本でもバブル経済がねぇ~ということを言った。スペインでもあったらしい。明日はおそらくリーマンブラザーズのこととかが話題に上がるだろう。

お父さんに見せてもらった3日間で会社が倒産する映画…恐ろしかったなぁ。経済分野は苦手だが、海外の具体的事例を聞けるのは楽しい。

 

放課後は眼鏡を引き取りに行った。注文票は忘れてしまったけれど無事に受け取れたので安心。おそらく左も度が入っている。

レンズの種類をいろいろ言われたけれど、よくわからないし、家でつけることが多いと思います、と言ったら最低価格になった。

特殊レンズはUVカットとかいろいろあったんだろうけど、そのうちの一つに光の反射が含まれていたんだと思う。見る分にはほとんど問題はないが、外から見ると眼鏡がすごく反射して見える。

f:id:identitygroping:20180809055655j:image

 

漫画やアニメの眼鏡キャラの眼鏡反射率の高さはこれに該当するのか…!ただ意味深げなんじゃない、そういう眼鏡なんだ…!ということを納得した。

 

さて、ドイツにいる友人が何か送ってくれたらしいのだが、不在届が手元にあり、再送を希望しようと電話やらネットであれこれするのだが、不在届のミスによりできなかったので、学校から20分ほど離れた郊外になるroyal mailにとぼとぼ歩いて行った。今日は珍しく気温が下がってくれたので行く決心ができたのだ。

 

不在届には私の名前ではなく友人の名前と、私が現在住んでいる住所が記載されていた。で、私がパスポートを見せると名前が違うといわれて、おそらくそれはそちらのミスだといっても取り合ってもらえず。今日受け取ることも、住所を変更して学校へ送ってもらうことも、午後に送ってもらうことも、裏庭においてもらうこともできず戦争だ!となりかけたが、スタッフさんが土曜なら朝からいるでしょ!と言ってので、確かに…と思い承諾。

11日の土曜日に荷物は再送される予定。

 

帰宅して気付いたのだけれど、土曜日…というか金曜日から私ロンドン、ヨークに行ってるじゃん!と気づき、同居人に荷物を受け取ってもらうように頼み込んだ。これで解決か…?ちょっと疲れた。

 

追記

hey Judeというビートルズの曲を聞いた。有名らしい。似たフレーズが続くので、今度は歌う練習だ。

お母さんが京都の観光写真を送ってくれた。私より京都観光してるよ、多分。