大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録142日目

2018.9.10.

 

今日は晴天、日本人Nさんが初日なので一緒に登校したら昨晩のうちにSさんと一緒に行く約束をしていたらしい。

家でNさんのことを待っていたといわれてしまった。知らなかったのでしょうがないが…なんかすいません。

 

writingのテストでは常用単語を増やそうと努力はしたけれど…意味を知っているのと、とっさに使える単語は違う。意味を調べるだけで終わるのではなく、使えそうな単語は例文を用意しておくといいかもしれない。

 

相変わらず先週のスコアは確認できず。

今日の授業は犯罪に関する単語を中心に。以前別のModuleでも犯罪に関するトピックをしたので、とっつきやすかったと思う。

 

午後の授業でNさんと合流。彼女はAdvanceのクラス、つまりブラジル人Lと同じクラスで今は3人しかいないらしい。わぉ。

 Writingの時間なのでEssayの書き方などを勉強するが、基本大学で書いているので、書き方は知っているからいささか暇。エッセイの中で同じ言い回しをしないように、grammarやボキャブラリーに私は力を入れるべきなのかなぁ。

 

放課後は久々のハリポタを読んでいた。PercyがMr Crouchさんに名前を憶えられていないとことや、マグルにテント代を支払おうとしているMr Weasryがお金の単位に困っている姿などが面白かった。たまたまスタッフさんOさんに会えたので私は幸せである。ついでに図書室でハリポタ4を見つけられたので、今週の木曜日に学校で映画鑑賞をする予定。

 

イタリアに預け荷物の購入のほか、もろもろのチケットを印刷してもらった。Ryanairはイタリアのホテルで頼めばしてくれる気もしなくはない。