大学生(休学中)の留学記録、、、かもしれない

タイピングをしたくなった時に、感情のはけ口になるブログ

留学記録170日目

2018.10.8.

今日は5時ごろにアラームが鳴って起きれたけれど、二度寝を…。太陽がまだ上っていないのが悪い。7時頃に日が昇る。眠いぞ。でもいつもの1時間前に行動が開始しているので、宿題をする時間は十分にあった。二度寝しなければ、優雅な朝をすごせるのに…。朝方の人間になりたい。

足腰に筋肉痛が・・・

 

月曜日なのでテスト!ライティングは友人と家族、どちらが大切かというトピックと友人Kに対してのメールの返信。ボキャブラリーが極貧すぎる。

 

FCEを受けるよと決めたら、Moduleも14:30からの2コマ目に移行して、長いお昼休憩を獲得した。初めてである。

その間に家計簿やテストの支払いなどを済ませる。

 

Moduleでもテスト対策かぁと思いつつ、それでも足りないくらいであろう授業を受けて悲鳴を上げる。放課後はRiceptionでハリポタを読む。ダンスパーティーの誘いのところである。心理描写が多いので、面白い。

 

その後は郵便局に行って弟にお手紙を送り付け帰宅。

なんとなくアボカドを買って塩を振りかけて食べていたら胸焼けした。スイカのように塩をかけたせいか甘く感じた。

 

ハロウィンの話をNとKとしていたら、ドイツでのハロウィンは仮装ではなく、宗教改革記念日(by マーティン・ルター)として大切な日らしい。Kはプロテスタントで小学校に入るくらいに決め、授業でも習うらしい。宗教分離していないんだぁという驚きと、プロテスタントカトリックの人が結婚したらどうなるのだろうという疑問。

そのノリで宗教、主にキリスト教についてあれこれ説明してもらって、結局わからなくてyoutubeで子供向けのジーザス生誕と復活までの流れを見た。

 

牧師と神父=プロテスタントカトリック

牧師は結婚出来て、神父は結婚できない。

プロテスタントの概念には地獄はなく、カトリックはある、ついでに地獄には悪魔が住んでいる。

動画では荒野をさまようジーザスが悪魔を追い払っていたので、宗教分離をする前の基本思想概念は、おそらくカトリックなのだろう。

わたしが訪れたヴァチカンもカトリックであり、プロテスタントの総本山のような場所はないらしい。

教会はお金を払えば幸せになれるという考えを持っていて、免罪符なども発布していたのかな?でもルターがその考えに反発したらしい。

 

動画を見ている最中で理解できなかったのは、なぜユダがジーザスを裏切ったのか、ということと、サタンとデビルの違いって何?

 

動画は一時間半あって疲れたので宿題はやらずに就寝。最近多いなこのパターン。

 

 

追記

Nさんに分けてもらったキュウリの浅漬けもどきがおいしかった。お母さんの漬物が恋しいです。